日本の銀行口座を持っていない外国人の会社設立方法

§日本の銀行口座を持っていない外国人が会社を設立する方法

日本の銀行口座を持っていない外国人の方が会社を設立する場合、一人でも会社を設立することは可能です。

しかし、在留資格(ビザ)のない外国人の方が代表取締役の会社の場合、

  • 事務所の賃貸契約を締結する。
  • 法人名義の銀行口座を開設する。

という事がなかなかできないという問題があります。

その為、日本の協力者(日本人又は永住者などの就労に制限のない在留資格(ビザ)をお持ちの方)に一旦共同代表取締役に就いてもらう方がスムーズに進みます。

勿論、会社設立完了後、申請者である代表取締役(500万円を出資された発起人)ご自身の経営管理ビザ(投資経営ビザ)が取得できて、日本に住民登録されたのち、日本の協力者は共同代表を抜けて頂きます。

つまり、

  • 設立時の代表取締役は2名(申請者と日本在住の協力者)
  • 資本金500万円を出資するのは申請者1名
  • 日本在住の協力者である共同代表取締役の銀行口座に500万円を送金

共同代表取締役が日本在住の為、事務所の契約がスムーズに進む。 という事です。

お問い合わせ・申し込みはこちら

>> 経営・管理ビザ/「投資・経営」ビザの一部改正 <H27.4.1〜>について

>> 外国人の会社設立手続き/経営管理ビザ取得の流れ

>> 外国人の会社設立手続き

>> 在留資格「投資・経営」(投資経営ビザ)について

>> 投資経営ビザ取得の要件/条件について

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
事業の継続性・安定性について/経営管理ビザ取得専門
カテゴリートップ
経営管理ビザ/投資経営ビザ取得するには
次
経営管理ビザ取得/外国人の会社設立の流れ

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

配偶者ビザ 経営管理ビザ 特定技能ビザ (外食/介護/宿泊/建設/農業/自動車整備など) 就労ビザ 永住

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士