事業の継続性・安定性について/経営管理ビザ取得専門

§事業の継続性・安定性について

 経営管理ビザ(投資経営ビザ)を取得するには、事業の継続性・安定性を説明及び立証することが重要なポイントです。

事業の継続性や安定性を証明するため、新規の会社設立の場合は、事業計画書が重要となり、

既存の会社の場合には、直近二年分の決算状況をみられることとなります。

明確な根拠を基に事業計画を立て(事業計画書を作成)なければ、現実性にかけるという理由から不許可となることもあります。

また、今までの学歴や職歴と全く異なる事業を始めるような場合には、

  • なぜ起業/事業を開始、経営するのか?
  • なぜその事業/業種なのか?

についても十分な説明ができなければなりません。

お問い合わせ・申し込みはこちら

>> 経営・管理ビザ/「投資・経営」ビザの一部改正 <H27.4.1〜>について

>> 外国人の会社設立手続き/経営管理ビザ取得の流れ

>> 外国人の会社設立手続き

>> 在留資格「投資・経営」(投資経営ビザ)について

>> 投資経営ビザ取得の要件/条件について

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
事業を営むための必要な設備/経営管理ビザ取得専門
カテゴリートップ
経営管理ビザ/投資経営ビザ取得するには
次
日本の銀行口座を持っていない外国人の会社設立方法

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

配偶者ビザ 経営管理ビザ(旧 投資経営) 特定技能ビザ(外食/介護/宿泊/建設/農業/自動車整備など) 就労ビザ 永住

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士