在留資格「投資経営ビザ」取得の要件/条件

§「投資経営ビザ」取得の要件/条件とは

申請人が本邦において貿易その他の事業の経営を開始しようとする場合(投資経営ビザ取得)は、次のいずれにも該当していること。

  • 当該事業を営むための事業所として使用する施設が本邦に確保されていること。
  • 当該事業がその経営又は管理に従事する者以外に2人以上の本邦に居住する者(法別表第1の上欄の在留資格をもって在留する者を除く。)で常勤の職員が従事して営まれる規模のものであること。

申請人が本邦における貿易その他の事業に投資してその経営を行い若しくは当該事業の管理に従事し又は本邦においてこれらの事業の経営を開始した外国人(外国法人を含む)若しくは本邦における貿易その他の事業に投資している外国人に代わってその経営を行い若しくは当該事業の管理に従事しようとする場合は、次のいずれにも該当していること。

  • 当該事業を営むための事業所が本邦に存在すること。
  • 当該事業がその経営又は管理に従事する者以外に2人以上の本邦に居住する者(入管法別表第1の上欄の在留資格をもって在留する者を除く。)で常勤の職員が従事して営まれる規模のものであること。

申請人が本邦における貿易その他の事業の管理に従事しようとする場合は、次のいずれにも該当していること。

  • 事業の経営又は管理について3年以上の経験(大学院において経営又は管理に係る科目を専攻した期間を含む。)を有していること。
  • 日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。

>> 経営・管理ビザ/「投資・経営」ビザの一部改正 <H27.4.1〜>について

>> 外国人の会社設立手続き/経営管理ビザ取得の流れ

>> 在留資格「投資・経営」(投資経営ビザ)について

>> 投資経営ビザ申請のポイントについて

お問い合わせ・申し込みはこちら

>> 韓国語 / >> 中国語での相談OK」

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
外国人の会社設立手続き/投資経営ビザ申請サポート
カテゴリートップ
経営管理ビザ/投資経営ビザ取得するには
次
在留資格「投資経営」 /投資経営ビザ申請のポイント

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

帰化 帰化申請 配偶者ビザ 国際結婚 投資経営 経営管理 就労ビザ 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士