事業所/営業所の証明について/経営管理ビザ取得専門

§事業所/営業所の証明についての注意点

 経営管理ビザ(投資経営ビザ)を取得するには、事業所/営業所の確保が重要なポイントとなります。

今から始めようとする事業を行うにあたり、どう考えても無理がある(例えば、飲食店を行うのに店舗がない)場合、許可を得ることはできません。

また、住居として賃借している物件の一部を使用して事業が開始されるような場合、

  • 住居目的以外での使用を貸主が認めていること(事業所として借主と当該法人の間で転貸借されることを貸主が同意していること。)、
  • 借主も当該法人が事業所として使用することを認めていること、
  • 当該法人が事業を行う設備等を備えた事業目的占有の部屋を有していること,
  • 当該物件に係る公共料金等の共用費用の支払に関する取決めが明確になっていること
  • 看板類似の社会的標識を掲げていること

が必要となります。

お問い合わせ・申し込みはこちら

>> 経営・管理ビザ/「投資・経営」ビザの一部改正 <H27.4.1〜>について

>> 外国人の会社設立手続き/経営管理ビザ取得の流れ

>> 外国人の会社設立手続き

>> 在留資格「投資・経営」(投資経営ビザ)について

>> 投資経営ビザ取得の要件/条件について

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
資本金500万円の出所の証明方法/経営管理ビザ取得専門
カテゴリートップ
経営管理ビザ/投資経営ビザ取得するには
次
事業所/営業所の契約期間について/経営管理ビザ取得専門

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

配偶者ビザ 経営管理ビザ(旧 投資経営) 特定技能ビザ(外食/介護/宿泊/建設/農業/自動車整備など) 就労ビザ 永住

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士