HOME  > コンテンツ  > 配偶者ビザ(国際結婚)  > 日本人配偶者ビザ取得の手続きについて  > 日本人の配偶者等(配偶者ビザ)申請の注意点

日本人の配偶者等(配偶者ビザ)申請の注意点

1.日本人の方が無職の場合(日本人の配偶者等ビザ申請)

 申請者(外国の方)の身元保証人になる日本人が無職であったとしても、仕事を探すまでの間の生活費をまかなうことができるのであれば問題ありません。(ある程度の貯蓄がある場合等

2.偽装結婚でなくても

 お二人の結婚がたとえ偽装でなくとも、入国管理局へ日本人配偶者等(配偶者ビザ)の申請をする場合には、細心の注意を払いましょう。

 日本人と結婚したからといって必ずしも日本人配偶者等の在留資格が得れるわけではありません。偽装結婚でないことの証明を立証できなければ、日本人配偶者等の資格を取得できないことがあります。

実際に、立証できなかったために許可を得ることができなかったという方たちがたくさんおられます。

 特に、中国・韓国・フィリピン・ロシアの方とご結婚され申請する場合には、ご注意ください。

※夫婦の年齢差が大きい場合や、結婚紹介所等により交際することとなった場合にも入国管理局から信憑性を疑われることとなります。

3.日本人配偶者ビザの申請が不許可の場合

 ご自分で申請され、結果がダメだった場合でも決してあきらめないでください。一度不許可になった場合でも、再申請によって配偶者ビザを取得された方がたくさんおられます。

 一度目の申請で足りなかった書類を付け足したり、説明書きを付けること等によって許可を得ることが可能です。

※ご自分で申請される場合には、申請する書類を必ずコピーしておきましょう。

>> 配偶者ビザ(結婚ビザ)の再申請について。

§配偶者ビザ申請に関するご相談事例

「韓国語/中国語での相談OK」

あなたの配偶者ビザは大丈夫ですか?

お問い合わせ・申し込みはこちら

配偶者ビザ MENU

  1. 日本人配偶者ビザの料金 (トップページ)
  2. ご依頼の方法(業務の完了まで)
  3. 「日本人の配偶者等」とは
  4. 許可の要件
  5. 必要書類(認定証明書交付申請の場合)
  6. 必要書類(ビザ変更許可申請の場合)
  7. 申請の注意点
  8. 国際結婚手続き
  9. 婚姻要件具備証明書について
  10. 日本人との離婚または死別
  11. 大阪入国管理局エリア以外の全国サポート
土・日・祝日、対応可能。

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
日本人の配偶者等(結婚ビザ/配偶者ビザ)の条件/要件
カテゴリートップ
日本人配偶者ビザ取得の手続きについて
次
国際結婚の手続き(日本人配偶者等ビザ)

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士