HOME  > コンテンツ  > 在留資格(ビザ)/帰化のケース別Q&A集  > 日本政策金融公庫の融資に関する最新情報

日本政策金融公庫の融資に関する最新情報

§日本政策金融公庫の融資に関する最新情報

日本政策金融公庫の融資に関する最新情報とは?

(1)平成25年度予算成立を前提として、日本政策金融公庫が取り扱う事業継続計画(BCP)を策定している中小企業・小規模事業者を対象とする融資制度(以下、「BCP融資」と言います。)が拡充される予定です。

☆拡充のポイント BCP融資は、中小企業・小規模事業者におけるBCPの普及促進を図るため、自ら策定したBCPに基づき防災に資する設備投資を行う際に、金利面でインセンティブを設けている(基準利率▲0.65%)制度ですが、

今般、一定の地域貢献(連携)に関する用件を満たせば、金利面でさらなる優遇が設けられる予定となっております(基準利率▲0.9%)。

【参考】拡充前の現制度

○社会環境対応施設整備資金(うちBCP関連)

■対象者:自ら策定したBCP※に基づき、防災に資する施設等の整備を行う方

※BCP:平成18年2月に中小企業庁が公表した「中小企業BCP策定運用指針」に則り、同指針に定める様式(基本コース以上)を用いて作成したものに限ります。

■対象資金:策定したBCPに基づき、防災に資する施設等の整備(改善及び改修を含む)を行うために必要な設備資金(土地に係る資金を除く)

■貸付限度額:(中小企業事業)7.2億円

■貸付期間:設備資金20年以内

■貸付金利:基準利率(4月10日現在(中小)1.50%)。但し2億7,000万円までは基準利率▲0.65%

提携:近江清秀公認会計士税理士事務所

    近江清秀先生

↓  ↓  ↓
お問い合わせ・申し込みはこちら

>>  在留資格(ビザ)/帰化申請のケース別/お役立ちQ&A集にもどる

>>  在留資格(ビザ)申請サポートについて

>>  お客様の声はこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
遺留分の減殺請求と相続税について
カテゴリートップ
在留資格(ビザ)/帰化のケース別Q&A集
次
日本で働く/生活する外国人と税金(所得税/住民税/法人税/相続税など)

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士