HOME  > コンテンツ  > 在留特別許可  > 在留特別許可が認められなかった場合

在留特別許可が認められなかった場合

§在留特別許可が認められなかった場合/再審情願・行政訴訟

法的な婚姻の成立が間に合わなかったことにより在留特別許可が認められなかった場合は、退去強制令書により強制送還されてしまいます。

もし、退去強制令書が発布された後に婚姻が成立したのであれば、再審情願をすることも可能ですが、認められる可能性は非常に低いとお考えください。

また、行政訴訟により争うこともできますが、いずれも可能性としては非常に低いものとお考えください。

強制送還されてしまった後、上陸禁止或いは拒否期間内(1年、5年、10年、無期限)ではあるが、家族が日本に残っている等の理由により日本への入国を希望する場合は、上陸特別許可の手続きが残されています。

無料相談・ご依頼はこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
出国命令制度
カテゴリートップ
在留特別許可
次
上陸特別許可の手続き

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士