HOME  > コンテンツ  > 在留特別許可  > 在留特別許可の手続き/オーバーステイ/不法滞在

在留特別許可の手続き/オーバーステイ/不法滞在

◇在留特別許可 MENU

  1. 在留特別許可とは (トップページ)←
  2. 特別許可の要件←
  3. 必要書類←
  4. 退去強制手続きの流れ
  5. 入国管理局に収容された場合(仮放免許可申請)←
  6. 退去強制手続き(入管法)
  7. 出国命令制度
  8. 特別許可されなかった場合(再審情願・行政訴訟)←
  9. 上陸特別許可
  10. 大阪入国管理局エリア以外の全国サポート←

§在留特別許可とは

在留特別許可とは、オーバーステイ(不法滞在)の方が、帰国せず正規に在留資格を得るための唯一の手段です。

実際には、在留特別許可申請という申請があるわけではありません。

入管へ出頭(出頭申告)し、退去強制手続きの過程で日本で生活したい理由を挙げ、申し出ます。

法務大臣の裁決によって特別に在留を認められた場合に限り、正規のビザが与えられます。

在留が認められなかった場合には、もちろん強制送還されることになります。

在留特別許可サポートの料金表

  税込価格(円) その他
フルサポート 289,000
  • 交通費全額負担(全国対応)。
特別プラン 289,000

各種クレジットカードでのお支払い(分割払い)も可能です。

お支払方法が異なるため、必ずご依頼の際にお申し出ください。

「交通費全額負担!!」

※以下の日程で各入国管理局へ申請を行います。

  • 東京入管局…第1・第3金曜日
  • 名古屋入管局…第1・第3金曜日
  • 大阪(神戸)入管局…第1・第3木曜日
  • 高松入管局…第2金曜日
  • 広島入管局…第4金曜日
  • 福岡入管局…第4金曜日

仙台、北海道につきましては、宿泊が必要となるため、別途交通費及び宿泊費が発生いたします。

※下記の場合、別途実費交通費が発生いたします。

  • 急ぎの申請をご希望の場合
  • 許可後の手続きをご希望の場合
  • 在留期間更新申請のみご依頼の場合
  • 交通違反、犯罪、素行の悪化により不許可となった場合
  • 虚偽申告、不利益な事実の隠匿等が原因で不許可となった場合
  • その他、状況変化や新たな事由の発生により認定が下りなかった場合など

特に特殊なケースの場合、あらかじめお引き受けする前にその旨をお伝えさせて頂きます。

無料相談・ご依頼はこちら

「安心」「信頼」できる在留特別許可をサポート

  • 当事務所の在留特別許可サポートでは、料金表以外の費用は一切かかりません。
    ただし、翻訳が生じた場合の翻訳代は別途いただきます。
    また、仮釈放時には保証金(最高300万円)が必要となりますが、実際のところは、10〜40万円位でしょう。

    保証金は、返していただけます。

  • 万が一、当事務所のミスにより在留特別許可が下りなかった場合は、料金をお返しいたします。
    ただし、お客様の虚偽や事実の隠匿、申請中の犯罪の場合はお返しできません。

  • 許可取得後の成功報酬は頂いていません。

  • 在留特別許可サポートでは、法務大臣から承認を受けた申請取次行政書士が、書類作成・出頭時の同伴をいたします。

  • ご依頼くださる前に、当事務所の特定商取引法の表示をご覧ください。

お問い合わせ・申し込みはこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
カテゴリートップ
在留特別許可
次
在留特別許可の必要書類

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

結婚ビザ 経営管理ビザ 就労ビザ

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士