HOME  > コンテンツ  > 就労ビザ(就職、転職、雇用)  > 就労ビザを取得するには  > 日本の就労ビザ/就職/就業/在留資格変更許可申請サポート

日本の就労ビザ/就職/就業/在留資格変更許可申請サポート

§ 日本の就労ビザ/就職/就業/在留資格変更許可申請手続き

外国人の方が日本で就職する場合、また、雇用する場合の在留資格(就労ビザ)には、

  • 貿易業務や通訳・翻訳を雇用するための「人文知識・国際業務ビザ」
  • システムエンジニア等の技術者を雇用するための「技術ビザ」
  • 自社の海外支社や関係会社から社員を日本に呼び寄せるための「企業内転勤ビザ」
  • 料理人「コック」を雇用するための「技能ビザ」

等があります。

また、在留資格(ビザ)には、

  • 原則として就労することが出来ないもの「短期滞在」「文化活動」「留学」「家族滞在」など
  • 就労活動に制限がないもの「永住者/永住ビザ」「日本人の配偶者等/配偶者ビザ」「永住者の配偶者等」「定住者/定住ビザ」

があります。

※原則として就労することが出来ない在留資格(ビザ)

>>  「短期滞在」「文化活動」「留学」「家族滞在」

上記の在留資格/ビザ(短期滞在の資格以外)をお持ちの方が就労活動を行うには、資格外活動許可を得なければなりません。

その為、上記の在留資格(ビザ)をお持ちの外国人の方が就職する場合、また、雇用する場合は、必ず資格外活動許可書で就労が可能かどうかや、就労可能な時間数を確認するようにしてください。

※就労活動に制限がない在留資格(ビザ)

>>  「永住者/永住ビザ」「日本人の配偶者等/配偶者ビザ」「永住者の配偶者等」「定住者/定住ビザ」

上記の在留資格/ビザをお持ちの方は、就労活動に制限がありませんので、違法な仕事でない限り、どんな職種に就かせることも可能です。

§ 就労ビザ/就職ビザとは

一般的に「就労ビザ/就職ビザ」と呼ばれているものは、正式には存在しておりません。

 就労ビザ(就職ビザ)とは、外国人の方が日本で「収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動」をする事を目的とした、在留資格の総称として使われています。

 外国人の方は、どんな職業にでも就けるというわけではなく、与えられた在留資格の範囲内でのみ就労する事が認められます。

※就労ビザ(外国人の方の就労/就職)できる在留資格)には、下記の様なものがあります。

 人文知識・国際業務、技術、技能、投資・経営、企業内転勤、興行、教授、芸術、宗教、報道、法律・会計業務、医療、研究、教育 。

お問い合わせ・申し込みはこちら

〜 日本の就労ビザ(外国人の就職・転職・投資経営・雇用) MENU 

  1. 就労ビザ (トップページ)←
  2. ご依頼の方法(業務の完了まで)
  3. 就労資格証明書
  4. 人文知識・国際業務ビザ
  5. 技術ビザ
  6. 技能ビザ
  7. 投資経営ビザ
  8. 企業内転勤ビザ

NEW 

>> 就労ビザへの変更が不許可の場合

>>  在留資格(ビザ)/帰化申請のケース別/お役立ちQ&A集

>> 在留資格(就労ビザ)申請サポートについて

お客様紹介キャンペーン

§主な就労できる在留資格(ビザ)について

>> 人文知識・国際業務ビザ

「人文知識・国際業務」に該当する主なものは、翻訳、通訳、外国語教師、貿易業務担当者などの活動が挙げられます。

人文知識・国際業務ビザとは、文化系(法律学、経済学、社会学その他の人文科学など)の分野に属する知識を必要とする業務または外国人特有の感受性を必要 とする業務(いわゆる事務職として)で働く人のためのビザです。

>> 技術ビザ

「技術」ビザとは、理科系(理学、工学、その他の自然科学など)の分野に属する技術や知識を必要とする業務で働く人のための在留資格(ビザ)です。

技術ビザに該当する主なものは、IT関連の技術者、機械などの設計者、土木建築などの設計者、新製品開発などの技術者としての活動が挙げられます。

>> 技能ビザ

「技能」に該当する主なものは、産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を必要とする業務に従事する活動である。 (外国料理の調理、外国で考案された工法による住宅の建築、宝石・貴金属・毛皮の加工、動物の調教、外国に特有のガラス製品、絨毯等の制作又は修理、定期便の航空機の操縦、スポーツの指導、ワインの鑑定等の熟練した技能を要する業務)

>> 投資経営ビザ

「投資経営」ビザは、外国人の方が日本で会社を設立して事業を始めたり、事業への投資や経営管理をする場合に取得する在留資格(ビザ)です。

「投資経営」ビザ に該当する主なものは、社長、取締役、支店長、監査役、工場長など、事業の経営または管理に関する業務を実質的に行う人です。

>> 企業内転勤ビザ

「企業内転勤」とは、一般的に外国の事業所から日本の支店、事業所等に転勤する場合に取得が必要な在留資格です。

 同一会社内の移動だけでなく、系列企業内(親会社、子会社、関連会社:資本や技術等の業務提携契約有無)の出向などの移動も含まれますが、単に業務提携の関係というだけでは、在留資格の該当性がないと判断されます。

§日本の就労ビザ(外国人の就職・転職・雇用)に関する申請手続き

※再申請の場合は、上記料金にプラス38,000円とさせて頂きます。
>> 在留資格の再申請について。

>> 外国人の会社設立手続き

※認定証明書の有効期間は3カ月です。

各種クレジットカードでのお支払い(分割払い)も可能です。

お支払方法が異なるため、必ずご依頼の際にお申し出ください。

 

お問い合わせ・申し込みはこちら

あなたの就労ビザは大丈夫ですか?

日本での就職(お仕事、外国人の雇用)をお考えの方で、

  • 手続き等の不安を解消されたい方
  • 大阪入国管理局へ行く時間のない方
  • 一度不許可となった方

一人で悩まず、お気軽にお電話ください。

「私たちは、お客様のご相談に真剣に取り組んでいます。」

実績と経験豊富な行政書士 em plus 法務事務所 が、あなたの悩みを全力でサポートします。

一緒に「就労ビザ」を取得しましょう。

無料相談はこちら

お客様が作成された申請書類のチェックや各種書類の作成も、お気軽にお問い合わせください。低価格により全国サポートしています。

※外国人の雇用フルサポート(入国管理局への申請取次込み)は、大阪入国管理局エリア
(兵庫・神戸・大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山)のみとさせて頂きます。

※大阪入国管理局エリア以外の方を対象とした全国サポート(入国管理局への申請をご自身で行って頂きます。)も行っております。

>> ご依頼方法(就労ビザ申請サポートの流れ

§ 日本の就労ビザ/就職/就業/在留資格変更許可申請サポート

「安心」「信頼」「実績」「スピード」「返金保証」

 当事務所では、料金表以外の費用は一切かかりません。
ただし、翻訳が生じた場合の翻訳代は別途いただきます。

 許可を取得後の成功報酬は頂いていません。

 万が一当事務所のミスで不許可の場合、料金を全額お返しいたします。
ただし、次のような場合は、上記の限りではありません。
(1)交通違反、犯罪、素行の悪化により不許可となった場合
(2)虚偽申告、不利益な事実の隠匿等が原因で不許可となった場合
(3)その他、状況変化や新たな事由の発生など

 大阪入国管理局エリアのお客様は、入国管理局へ行く必要はありません。

 就労ビザを取得するためのコンサルティング費用も含まれています。

 ご自分で申請されて不許可になった場合でも絶対にあきらめず、ご相談ください。

 ご依頼くださる前に、当事務所の特定商取引法の表示をご覧ください。

 

お問い合わせ・申し込みはこちら

NEW  >> 在留資格(就労ビザ)申請サポートについて

>> お客様の声はこちら←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
就労ビザへの在留資格変更が不許可の場合
カテゴリートップ
就労ビザを取得するには
次
日本の就労ビザ/外国人労働者の呼び寄せ/在留資格認定証明書交付申請

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士