HOME  > コンテンツ  > 在留資格(ビザ)/帰化のケース別Q&A集  > 再婚禁止期間中の婚姻手続きについて

再婚禁止期間中の婚姻手続きについて

§ 再婚禁止期間中の婚姻手続きについて

再婚禁止期間中の婚姻手続きについて

日本の法律では、女性には6ヶ月の再婚禁止期間(待婚期間)があります。

日本で婚姻する場合、外国の方の本国法に待婚期間の定めがない(例えば日本人と中国人)としても、待婚期間内に婚姻手続きを行うことはできません。

 しかし、中国では待婚期間の定めがありませんので、婚姻拠挙行地の法律(中華人民共和国民法通則の規定)により、離婚後6ヶ月以内であっても再婚(婚姻手続き)が可能です。

この場合、中国での婚姻手続き後、日本の市区町村役場に婚姻届を提出すれば、外国の方式によって成立していれば受理されます。

それらの事情を説明した上で在留資格認定証明書交付申請をすれば、もちろんですが許可を頂くことも可能です。

>> 国際結婚手続き

>> 在留資格認定証明書交付申請について

>> 在留資格「日本人の配偶者等」/配偶者ビザについて

§日本人との国際結婚/配偶者ビザに関するケース別

あなたの配偶者ビザは大丈夫ですか?

結婚ビザ申請の許可が困難なケース
↓  ↓  ↓
お問い合わせ・申し込みはこちら

>>  在留資格(ビザ)/帰化申請のケース別/お役立ちQ&A集にもどる

>>  在留資格(ビザ)申請が不許可の場合/再申請について

>>  在留資格(ビザ)申請サポートについて

>>  お客様の声はこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
日本国内で日本人/外国人と結婚するには?
カテゴリートップ
在留資格(ビザ)/帰化のケース別Q&A集
次
オーバーステイ/不法滞在している者との結婚

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士