HOME  > コンテンツ  > 在留資格(ビザ)/帰化のケース別Q&A集  > 母国の配偶者や子供を呼び寄せて、一緒に生活したい。

母国の配偶者や子供を呼び寄せるには?

§ 母国の配偶者や子供を呼び寄せて、一緒に生活するには?

母国の配偶者や子供を呼び寄せて、一緒に生活するにはどうすればいいのですか?

日本で働いている方や留学生の方が、日本に配偶者や子供を日本に呼び寄せて一緒に生活したい場合は、入国管理局で在留資格「家族滞在」/家族滞在ビザの在留資格認定証明書交付申請を行わなければなりません。  

家族滞在ビザは、日本での滞在費を含めた扶養能力が問題となります。

家族を扶養しながら日本で生活できる程度の収入、安定的な生活状況を証明しなければなりません。

原則として留学生は日本で就労することができないため、資格外活動許可を得てのアルバイトや本国からの仕送り、預貯金、奨学金の有無などを総合的に判断して家族を扶養することができるかどうか判断されます。

>> 在留資格認定証明書交付申請手続き

弊社では日本での生活力に不安がある場合であっても、家族の呼び寄せが認められた方々がいらっしゃいます。

「決してあきらめず、ご家族の在留資格/ビザを取得しましょう。」

↓  ↓  ↓
お問い合わせ・申し込みはこちら

>>  在留資格(ビザ)/帰化申請のケース別/お役立ちQ&A集にもどる

>>  在留資格(ビザ)申請サポートについて

>>  お客様の声はこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
本国の両親を呼び寄せるには?
カテゴリートップ
在留資格(ビザ)/帰化のケース別Q&A集
次
どちらの国の法律が適用されるのか/国際結婚手続き

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士