HOME  > コンテンツ  > 在留資格(ビザ)/帰化のケース別Q&A集  > 在留資格とビザ(査証)の違いとは

在留資格とビザ(査証)の違いとは

§ 在留資格とビザ(査証)の違い

在留資格とビザ(査証)って違うのですか?

ビザ(査証)とは、外国にある日本の大使館(領事館)が外国人のパスポートをチェックし、「この旅券(パスポート)は有効なものであり、ビザ(査証)に記載された範囲で旅券(パスポート)の所持者を日本に入国させても問題がない。」という、いわば、日本へ入国するための推薦状の様なものです。

入管法では、日本への上陸のための要件として、「有効なビザ(査証)を所持していること」とあります。原則として、空港の入国審査時にビザ(査証)を確認し、それに見合った在留資格が与えられて初めて外国人の入国が許可されることになります。

ですから、日本国内で外国人の皆さんが与えれれているのは「ビザ(査証)」ではなく、本当は「在留資格」なのです。

外国人の方が日本在留中に行うことができる活動の範囲は、この「在留資格」によってそれぞれ定められており、「資格外活動許可」を取得している場合を除き、原則として外国人の方はその在留資格に定められた活動以外の収入を伴う活動を行うことは出来ません。

↓  ↓  ↓
お問い合わせ・申し込みはこちら

>>  在留資格(ビザ)/帰化申請のケース別/お役立ちQ&A集にもどる

>>  在留資格(ビザ)申請サポートについて

>>  お客様の声はこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
在留資格(ビザ)申請の不許可/再申請について
カテゴリートップ
在留資格(ビザ)/帰化のケース別Q&A集
次
日本上陸のための条件とは

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士