HOME  > コンテンツ  > 在留期間(ビザ)更新  > 在留期間(ビザ)更新/延長の必要書類

在留期間(ビザ)更新/延長の必要書類

§在留期間(ビザ)更新/延長の許可申請には、何が必要?

 在留期間(ビザ)を更新/延長するには、次の書類が必要です。
  1. 旅券(パスポート)<在留資格証明書>
  2. 在留カード:外国人登録証明書
  3. 在留期間更新許可申請書
  4. 具体的な活動の内容、期間、地位及び報酬を証する文書(在職証明書や雇用契約書の写し)
  5. 理由書
  6. 住民税の課税証明書(1年間の総所得が記載されたもの)
  7. 住民税の納税証明書(1年間の納税状況が記載されたもの)
  8. 「日本人の配偶者等」「定住者」等を更新する場合は、身元保証書、戸籍謄本などの身分関係を証する文書 等です。
:上記1〜8以外にも、現在お持ちの在留資格(ビザ)によって、必要なもの必要でないものがあります。

>> 状況が変わった場合の更新/延長手続き

「平成22(2010)年4月1日以降、健康保険証の提示を求められます。」

外国人登録をしている人は、在留期間(ビザ)更新許可の日から14日以内に居住地の市区町村の長に変更登録の申請が必要です。

在留期間(ビザ)更新をする期間は、現に付与されている期間と同じ期間の申請をするのが原則ですが、現在の期間より長い期間の在留期間を許可してほしい場合は、その旨を申請の窓口で申し出ることができます。

お問い合わせ・申し込みはこちら

◇在留期間(ビザ)更新/延長の許可申請 MENU

  1. 在留期間(ビザ)更新許可申請の料金 (トップページ)←
  2. ご依頼の方法(業務の完了まで)
  3. 期間更新とは←
  4. 更新の必要書類
  5. 状況が変わった場合の更新
  6. ビザ更新の特別受理←
  7. 在留期間(ビザ)更新許可申請の全国サポート←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
在留期間(ビザ)更新/延長で失敗しない方法〜就労ビザ/結婚ビザ/投資経営ビザの更新/手続き代行
カテゴリートップ
在留期間(ビザ)更新
次
在留期間(ビザ)更新とは

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士