HOME  > コンテンツ  > 永住許可(永住ビザ)  > 会社の業績が悪く、年収が低い場合

会社の業績が悪く、年収が低い場合

§ 申請者やご家族の年収が低い場合永住ビザ申請について

永住ビザの許可申請をされる場合は、原則として直近三年間の収入を元に判断されます。もちろん、収入のみではんだされるわけではなく、生活を総合的に見て判断されます。

例えば、配偶者はいるのか、子供はいるのか、何人いるのか、家賃はいくらかなどが関わってきます。

総合的に見て収入が低いと判断された場合、生活の安定性という面で引っかかってしまうことがあります。

日常生活において公共の負担となっておらず、かつ、その資産又は知能等から見て、将来において安定した生活が見込まれることが必要です。この独立生計維持能力は、必ずしも申請人本人が有している必要はなく、世帯として有している場合でも認められます。

上記要件を満たしているのかどうかの判断に困られている場合は、是非一度ご相談ください。

「決してあきらめず、永住許可を取得しましょう。」

お問い合わせ・申し込みはこちら

「安心」「信頼」「実績」「スピード」「返金保証」

土・日・祝日、対応可能。

NEWお客様紹介キャンペーン

お客様の声はこちら←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
直近に転職歴がある場合
カテゴリートップ
永住許可(永住ビザ)
次
配偶者の方と別居している場合

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士