HOME  > コンテンツ  > 定住者(定住ビザ)  > 日本人の配偶者と離婚することになった場合

日本人の配偶者と離婚することになった場合

§日本人の配偶者と離婚することになった場合の申請について

「日本人と離婚することになったけど、子供はいない。」

「日本人の配偶者が亡くなってしまった。」

日本人との婚姻関係により在留資格「日本人の配偶者等」(配偶者ビザ)を取得していた方が、離婚や死別により婚姻状態が無くなった場合、在留資格の適合性を欠き、日本に滞在することができなくなるため帰国しなければなりません。

しかし、日本での婚姻生活が最低でも3年以上あり、本国での生活基盤が失われ、日本で定住していると認められる場合や、その日本人との間に出生した日本国籍の子供がいて日本で扶養を続けていく必要がある場合などには、定住ビザへの変更を認められることがあります。

日本人との離婚や死別後に在留資格「定住者」への変更を希望する場合は、その日本人との間に出生した子供の親権者となり、その子供を実際に養育していくことが必要です。

また、申請人が日本で生活していく必要があることや生活していけるということを立証しなければいけません。

弊社ではお子さんがいらっしゃらない場合であっても、定住ビザへの変更が認められた方々がいらっしゃいます。

このような定住ビザへの変更に関しては、入管法に明確に記載されているわけではありませんので、専門家にご相談することをお勧めします。

「決してあきらめず、定住ビザを取得しましょう。」

お問い合わせ・申し込みはこちら

「安心」「信頼」「実績」「スピード」「返金保証」

§新たな在留管理により義務化/日本人の配偶者と離婚することになった場合

家族滞在(配偶者として行う日常的な活動を行うことができる者に限る。),特定活動(配偶者として行う日常的な活動を行うことができる者に限る。),日本人の配偶者等(日本人の配偶者の身分を有する者に限る。),永住者の配偶者等(永住者等の配偶者の身分を有する者に限る。)の在留資格を有する中長期在留者で、配偶者と離婚、死別した場合(※平成24年7月9日以降に上陸許可,在留資格変更許可,在留期間更新許可等を受けた者に限ります。)、14日以内に入国管理局へ届出書を提出しなければならなくなりました。

※届出書記載事項

  • 中長期在留者の氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 国籍・地域
  • 住居地
  • 在留カード番号
  • 配偶者と離婚/死別した年月日
土・日・祝日、対応可能。

NEWお客様紹介キャンペーン

お客様の声はこちら←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
法務大臣の告示(定住ビザ)
カテゴリートップ
定住者(定住ビザ)
次
母国においてきた前の結婚相手との子供を呼びたい場合

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士