HOME  > コンテンツ  > 永住許可(永住ビザ)  > 10年間の在留歴(居住歴)を満たしていない場合

10年間の在留歴(居住歴)を満たしていない場合

§申請者が10年間の在留歴(居住歴)を満たしていない場合の申請について

「友達から10年経過していなくても許可が下りたと聞いたから、私も永住ビザの許可申請をしたい。」

「来日して10年が経過したが、仕事を始めて5年が経過していない。」

※永住ビザの居住要件(条件)

  • 10年以上継続して本邦に在留していること
  • 留学・就学の資格で入国された方は、10年以上の在留期間のうち、就労できる資格で5年以上在留していること
  • 定住者の在留資格を有する方は、引き続き5年以上日本に在留していること(在留資格変更による場合は、変更後5年以上)
  • 日本人・永住者の配偶者の方は、結婚後3年以上日本に在留していること(海外で結婚していた場合は、婚姻後3年が経過しており、かつ日本で1年以上在留していること)
  • 日本人・永住者の子は、引き続き日本に1年以上在留していること

※ご家族の方で、在留資格が「家族滞在」の場合には、継続して10年在留していなくても永住ビザの申請が許可される場合があります。

永住ビザの許可を得るには、上記の居住要件(条件)を満たしていることが必要となります。

色々な噂を耳にされるかと思いますが、基本的に上記の居住要件を満たされていない場合に許可が下りることはございません。

おそらく、まったくの噂話か、その方は実は日本人の配偶者であったとか、定住者であったということでしょう。

確かに特例として、「外交,社会,経済,文化等の分野において我が国への貢献があると認められる者で,5年以上本邦に在留していること。」とあり、「我が国への貢献」に関するガイドラインというものがございますが、国レベルから表彰されているような場合のみ当てはまるものであり、一般的には該当されるケースはほとんどないと思ってください。

上記の居住要件を満たされてから永住申請することをおすすめします。

しかし、1カ月〜2カ月程度早い申請であれば、永住許可を得る可能性はございます。

「決してあきらめず、永住許可を取得しましょう。」

お問い合わせ・申し込みはこちら

「安心」「信頼」「実績」「スピード」「返金保証」

土・日・祝日、対応可能。

NEWお客様紹介キャンペーン

お客様の声はこちら←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
交通違反歴がある場合
カテゴリートップ
永住許可(永住ビザ)
次
直近に転職歴がある場合

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士