HOME  > コンテンツ  > 永住許可(永住ビザ)  > 日本永住許可(永住ビザ)申請の注意点

日本永住許可(永住ビザ)申請の注意点

§永住ビザ申請は、余裕を持って

日本永住ビザの申請には大変時間がかかります。在留期間の更新が迫っているのであれば、必ず在留期間更新をしてから永住許可(永住ビザ)申請をするようにしましょう。申請中に在留期間を過ぎてしまえば、オーバーステイとなってしまいます。

※出生等により永住者の資格を希望する場合は、出生その他の事由発生後30日以内に永住者の在留資格取得申請を行います。

§現在お持ちの在留期間に注意

 たとえ10年以上の在留歴等があったとしても、現在の在留期間が最長のものでなければ永住ビザの申請をすることができません。

§日本永住申請の単純なミス

 「永住許可申請が不許可になった」という連絡を受け、詳しく伺ってみると単に日本での居住歴が足りなかったりだとか、生活の安定性をうまく証明することができていなかったことにより、不許可になっていることがあります。

入国管理局で指定されている書類以外にも、証明するための必要な書類をできる限り提出しましょう。(専門家に依頼すれば、そういう点をうまく抑えてくれますね。)

§大半を海外で生活している場合は注意

 日本永住ビザの要件を一見すべて満たしてたとしても、現在お持ちの在留期間の大半を海外で生活しているような場合には、永住許可を得ることはできません。

お問い合わせ・申し込みはこちら

◇永住ビザ(日本永住許可)申請 MENU

  1. 永住許可申請の料金 (トップページ)
  2. ご依頼の方法(業務の完了まで)
  3. 許可の要件
  4. 申請の流れ
  5. 必要書類について
  6. どんなメリットがある?
  7. 申請での注意点
  8. 永住ビザでよくあるご質問
  9. 永住と帰化申請の違い
  10. 大阪入国管理局エリア以外の方(全国サポート)
土・日・祝日、対応可能。

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
日本永住許可(永住ビザ)のメリット
カテゴリートップ
永住許可(永住ビザ)
次
永住ビザ申請 Q&A

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士