日本人配偶者との離婚または死別

§日本人配偶者との離婚または死別後の在留資格(ビザ)

 日本人配偶者と離婚または死別した場合、すぐに在留資格(ビザ)「日本人の配偶者等」が無くなってしまうわけではありません。在留期間内は、在留資格(ビザ)の変更の許可を得るまでの間は「日本人配偶者等」の在留資格(ビザ)で在留することができます。

しかし、「日本人配偶者等」の在留資格(ビザ)を更新することはできません。

引き続き日本での在留を望まれるのであれば、在留資格(ビザ)変更の許可を得なければなりません。もし、在留資格(ビザ)の変更の許可を得ることができなかった場合は、出国しなければなりません。ですから、なるべく早く在留資格(ビザ)変更の申請をすることをお勧めします。

日本人配偶者との間に日本国籍を有する未成年の子があり、その子の監護、養育 をしているのであれば、「定住者」への在留資格(ビザ)の変更が可能です。

日本人配偶者との離婚または死別された方が、在留資格「永住者」(永住ビザ)を得ているのであればそのまま在留を続けることができます。

在留資格「定住者」(定住ビザ)はこちら←

日本人の実子を養育する親の在留資格(ビザ)はこちら←

>>  在留資格(ビザ)/帰化申請のケース別/お役立ちQ&A集

>>  在留資格(ビザ)申請サポートについて

「韓国語/中国語での相談OK」

お問い合わせ・申し込みはこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
婚姻要件具備証明書(配偶者ビザ申請)
カテゴリートップ
日本人配偶者ビザ取得の手続きについて
次
配偶者ビザの在留資格認定証明書交付申請/必要書類

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士