HOME  > コンテンツ  > 配偶者ビザ(国際結婚)  > 日本人配偶者ビザ取得の手続きについて  > 日本人の実子を養育する親の在留資格(ビザ)

日本人の実子を養育する親の在留資格(ビザ)

§日本人の実子を養育する親の在留資格(ビザ)って?

 未成年かつ未婚の実子を扶養するため本邦在留を希望する外国人親については、

  • 親子関係
  • 当該外国人が当該実子の親権者であること
  • 現に当該実子を養育、監護していること

が確認できれば、「定住者」(1年)への在留資格変更許可の可能性があります。

なお、日本人の実子とは、嫡出、非嫡出を問わず、子の出生時点においてその父または母が日本国籍を有しているものをいう。

実子の日本国籍の有無は問わないが、日本人父から認知されていることが必要です。

実務上は、短期滞在の資格で来日し、「定住者」への在留資格変更を行うこととなります。

在留資格「定住者」(定住ビザ)はこちら←

>>  在留資格(ビザ)/帰化申請のケース別/お役立ちQ&A集

>>  在留資格(ビザ)申請サポートについて

「韓国語/中国語での相談OK」

お問い合わせ・申し込みはこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
日本人配偶签证(国际结婚签证)取得不失败的方法〜在留资格认定证明书/变更/更新申请手续代理〜
カテゴリートップ
日本人配偶者ビザ取得の手続きについて

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士