HOME  > コンテンツ  > 就労ビザ(就職、転職、雇用)  > 就労ビザを取得するには  > 就職ビザ/就労ビザの取得/申請の必要書類

就職ビザ/就労ビザの取得/申請の必要書類

§就職ビザ/就労ビザの取得/申請には、何が必要?

 就職ビザ/就労ビザの取得/申請には、次の書類が必要です。
  1. 旅券(パスポート)<在留資格証明書>
  2. 在留カード:外国人登録証明書
  3. 顔写真
  4. 在留資格変更許可申請書/在留資格認定証明書交付申請書
  5. 具体的な活動の内容、期間、地位及び報酬を証する文書(在職証明書や雇用契約書の写し)
  6. 申請理由書
  7. 前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表(受付印のあるものの写し)/提出できない場合は理由を明らかにする資料(給与支払事務所等の開設届出書の写しなど)
  8. 専門学校を卒業し,専門士又は高度専門士の称号を取得した者については,専門士又は高度専門士の称号を付与されたことを証明する文書
  9. 申請人の学歴及び職歴その他経歴等を証明する文書(申請に係る知識を要する業務に従事した機関及び内容並びに期間を明示した履歴書、大学等の卒業証明書、実務経験を証明する文書)
  10. 事業内容を明らかにする資料(勤務先等の沿革,役員,組織,事業内容(主要取引先と取引実績を含む。)等が詳細に記載された案内書、登記事項証明書)
  11. 直近の年度の決算文書の写し。新規事業の場合は事業計画書
  12. 申請理由書
  13. 採用理由書
:上記1〜8以外にも、現在お持ちの在留資格(ビザ)によって、必要なもの必要でないものがあります。

お問い合わせ・申し込みはこちら

◇在留期間(ビザ)更新/延長の許可申請 MENU

  1. 就労ビザ/就職ビザ (トップページ)←
  2. ご依頼の方法(業務の完了まで)
  3. 人文知識・国際業務ビザ←
  4. 技術ビザ
  5. 技能ビザ←
  6. 投資経営ビザ←
  7. 企業内転勤ビザ←
  8. 在留期間(ビザ)許可申請の全国サポート←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
日本の就労ビザ/外国人労働者の呼び寄せ/在留資格認定証明書交付申請
カテゴリートップ
就労ビザを取得するには
次
就職ビザ/就労ビザの更新/延長の必要書類

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士