HOME  > コンテンツ  > 在留特別許可  > 在留特別許可の要件

在留特別許可の要件

§在留特別許可の要件とは

※在留特別許可が認められる可能性の高い場合とは、

日本人又は特別永住者、永住者との間に生まれた子を、扶養している場合。
日本人又は特別永住者、永住者との婚姻が、法的に成立している場合。
日本への定着性が認められ、かつ、国籍国との関係が希薄になり、国籍国で生活することが極めて困難である場合。

お問い合わせ・申し込みはこちら

§オーバーステイ(不法滞在)について

  • オーバーステイ(不法滞在)の方でも、日本で結婚手続きを行うことが可能です。しかし、結婚しても在留資格(ビザ)を取得できたわけではありません。

  • オーバーステイ(不法滞在)の方でも、外国人登録が可能です。ただし、在留資格なしと記載されます。在留資格特別許可を取得するために自主出頭するのであれば、外国人登録を行ってから出頭しましょう。

三年以内に、外国人登録制度が無くなりますので、オーバーステイ(不法滞在)されている方以外の方には、在留カードが入国管理局から発行されるようになります。

◇在留特別許可 MENU

  1. 在留特別許可とは (トップページ)
  2. 特別許可の要件
  3. 必要書類←
  4. 出国命令制度
  5. 大阪入国管理局エリア以外の全国サポート←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
在留特別許可の必要書類
カテゴリートップ
在留特別許可
次
退去強制手続き

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士