HOME  > コンテンツ  > 家族滞在ビザ  > 在留資格(ビザ)家族滞在の要件

在留資格(ビザ)家族滞在の要件

◇家族滞在ビザ MENU

  1. 家族滞在ビザ申請の料金 (トップページ)←
  2. 許可の要件
  3. 申請に必要な書類(在留資格認定証明書交付申請の場合)
  4. 申請に必要な書類(在留資格変更許可申請の場合)
  5. 大阪入国管理局エリア以外の方の全国サポート←
土・日・祝日、対応可能。

§在留資格(ビザ)家族滞在の要件

家族滞在の在留資格(ビザ)を得るには、下記要件を満たしていることが必要です。

  1. 家族滞在ビザの対象は、配偶者又は
    • 配偶者は、法律上有効な婚姻関係であること
    • 原則、親を対象とすることはできません
  2. 配偶者も子も扶養を受けること
  3. 家族の滞在生活費が十分に確保できるかどうか
  4. 入国拒否事由に該当しないこと
    • 有効な旅券(パスポート)を所持しない者
    • 入国審査官から上陸許可の証印又は上陸許可を受けないで日本に上陸しようとする者
  5. 日本でのビジネスに安定・継続性があるか?
  6. 子供の教育について考えているかどうか?

就学」および「研修」の在留資格を持っている方の配偶者や子は、上陸にあたり「家族滞在」の在留資格(ビザ)は付与されません。

留学生が、配偶者や子を「家族滞在」の在留資格で日本へ呼び寄せる場合には、留学生自身の勉強期間が2年以上残っており、留学生としての在留状況に問題がなく、家族を扶養していけることを証明しなくてはなりません。(出席率や成績も関係します。)

子は実子に限らず養子をも含み、年齢は問いませんが、養子縁組をしていない妻の連れ子に関しては、たとえ夫が扶養していても家族滞在の在留資格(ビザ)に該当しません。

お問い合わせ・申し込みはこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
在留資格「家族滞在」ビザ取得で失敗しない方法〜在留資格認定証明書/変更/更新の申請手続き〜
カテゴリートップ
家族滞在ビザ
次
家族滞在ビザ申請の必要書類(在留資格認定証明書)

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士