HOME  > コンテンツ  > 配偶者ビザ(国際結婚)  > 日本人配偶者ビザ取得の手続きについて  > 日本人の配偶者等(結婚ビザ/配偶者ビザ)の条件/要件

日本人の配偶者等(結婚ビザ/配偶者ビザ)の条件/要件

§結婚ビザ/配偶者ビザ取得の条件(要件)

※配偶者ビザを得るには、次の条件のうちいずれかを満たしていることが必要です。
  1. 日本人の配偶者であること
    • 実際に婚姻関係が継続していること
    • 婚姻関係は形式的にも実質的(同居している等)にも認められるものであること
  2. 日本人の特別養子であること(6歳未満)
    • 家庭裁判所の審判によって実親との身分関係をなくし、養親の実子と同等の関係にあること
  3. 日本人のとして出生した者であること
    • 日本で出生したかどうかは問いません
    • 出生後、日本人の親が日本国籍を離脱したとしても関係ありません

※必ずしもその配偶者又は親である日本人の扶養を受けることを要しない。

※申請者である外国人も日本人も無職の場合は、日本での生活力に問題があるということで許可の可能性が低くなるため注意が必要です。

お問い合わせ・申し込みはこちら

結婚ビザ/配偶者ビザ MENU

  1. 結婚ビザ/配偶者ビザの料金 (トップページ)
  2. ご依頼の方法(業務の完了まで)
  3. 「日本人の配偶者等」とは
  4. 配偶者ビザ許可の要件(条件)
  5. 必要書類(認定証明書交付申請の場合)
  6. 必要書類(ビザ変更許可申請の場合)
  7. 申請の注意点
  8. 国際結婚手続き
  9. 婚姻要件具備証明書について
  10. 日本人との離婚または死別
  11. 大阪入国管理局エリア以外の全国サポート
土・日・祝日、対応可能。

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
在留資格「日本人の配偶者等」(配偶者ビザ)とは
カテゴリートップ
日本人配偶者ビザ取得の手続きについて
次
日本人の配偶者等(配偶者ビザ)申請の注意点

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士