HOME  > コンテンツ  > 定住者(定住ビザ)  > 母国においてきた前の結婚相手との子供を呼びたい場合

母国においてきた前の結婚相手との子供を呼びたい場合

§母国においてきた前配偶者との子供を呼びたい場合の申請

「日本人の配偶者等」という在留資格(ビザ)をお持ちの外国人の方が、本国においてきた前配偶者(結婚相手)との間の子供を日本に呼んで一緒に生活したいという場合は、その子供は未成年で未婚の実子であることが必要です。

しかし、未成年(日本法では20歳未満)であっても年齢が高くなればなるほど許可を得ることが難しくなります。なぜなら、本国の法律では既に成人となっている場合もありますし、一般的に18歳を過ぎれば自分で生活する能力が備わっていると判断されますので、要注意です。

また、呼び寄せる側の生活状況や、今までの扶養していた実績も中文な注意が必要です。

子供の今後の養育計画や生活設計、なぜ今までは本国においていたのかなどを理由書で説明しなければなりません。

一日も早く子供を日本へ呼びたい、許可の可能性を上げたいということであれば、やはり専門家にご相談することをお勧めします。

「決してあきらめず、定住ビザを取得しましょう。」

お問い合わせ・申し込みはこちら

「安心」「信頼」「実績」「スピード」「返金保証」

土・日・祝日、対応可能。

NEWお客様紹介キャンペーン

お客様の声はこちら←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
日本人の配偶者と離婚することになった場合
カテゴリートップ
定住者(定住ビザ)

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士