HOME  > コンテンツ  > 永住許可(永住ビザ)  > 配偶者の方と別居している場合

配偶者の方と別居している場合

§ 配偶者の方と別居している場合の永住ビザ申請について

配偶者の方と別居している状況にも色々あると思います。

配偶者の方に扶養されて生活している場合や、ご自身もお仕事され、十分な収入がある場合など色々あると思います。

ここでは前者で、日本人と結婚している場合を取り上げさせて頂きます。

日本人の配偶者(扶養してくれる方)と別居しているということは、現在の結婚に対する在留資格(ビザ)の該当性さえ危ぶまれます。

したがって、永住ビザの許可申請を試みることはできますが、許可を得ることはとても難しいでしょう。

例えば、ご主人が単身赴任されている場合等で、ご主人のご両親とお二人のお子さんと共に生活されているような場合であれば、許可を得る可能性としては非常に高いでしょう。

しかし、お二人で生活している場合に単身赴任されるような場合であれば、やはり婚姻生活自体を疑われてしまうことになるでしょう。

上記の判断に困られている場合は、是非一度ご相談ください。

「決してあきらめず、永住許可を取得しましょう。」

お問い合わせ・申し込みはこちら

「安心」「信頼」「実績」「スピード」「返金保証」

土・日・祝日、対応可能。

NEWお客様紹介キャンペーン

お客様の声はこちら←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
会社の業績が悪く、年収が低い場合
カテゴリートップ
永住許可(永住ビザ)
次
日本的永久居住许可(永久居住签证)申请手续代理

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士