HOME  > コンテンツ  > 永住許可(永住ビザ)  > 海外出張が多い(ほとんど日本に居ない)場合

海外出張が多い(ほとんど日本に居ない)場合

§申請者の方がほとんど日本に居ない場合の申請について

「10年以上日本に住んでいるし、5年以上現在の会社で努めているから永住ビザの許可申請をしたい。」

「しかし、会社からの命令により海外出張が非常に多いため、許可を得ることができるかどうか心配・・・。」

※永住ビザの居住要件(条件)

  • 10年以上継続して本邦に在留していること
  • 留学・就学の資格で入国された方は、10年以上の在留期間のうち、就労できる資格で5年以上在留していること
  • 定住者の在留資格を有する方は、引き続き5年以上日本に在留していること(在留資格変更による場合は、変更後5年以上)
  • 日本人・永住者の配偶者の方は、結婚後3年以上日本に在留していること(海外で結婚していた場合は、婚姻後3年が経過しており、かつ日本で1年以上在留していること)
  • 日本人・永住者の子は、引き続き日本に1年以上在留していること

※ご家族の方で、在留資格が「家族滞在」の場合には、継続して10年在留していなくても永住ビザの申請が許可される場合があります。

永住ビザの許可を得るには、上記の居住要件(条件)を満たしていることが必要となります。

海外出張が多くてほとんど日本に居ないような場合、生活基盤が日本に安定していないとみなされてしまい、永住ビザの取得ができない傾向があります。

このような場合には、海外出張の頻度が少なくなったり、海外勤務が終わり、日本国内での勤務になってから永住申請することをおすすめします。

一年間の海外滞在日数が100日程度であれば、永住許可を得る可能性はあります。

この場合であっても、日本に生活基盤があり、安定しているということを説明し、立証していかなければなりません。

「決してあきらめず、永住許可を取得しましょう。」

お問い合わせ・申し込みはこちら

「安心」「信頼」「実績」「スピード」「返金保証」

土・日・祝日、対応可能。

NEWお客様紹介キャンペーン

お客様の声はこちら←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
永住ビザ申請と帰化申請の違い
カテゴリートップ
永住許可(永住ビザ)
次
交通違反歴がある場合

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

国際結婚 投資経営 経営管理 就労 韓国戸籍の取得 翻訳

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士